スカイマークでの手荷物について

機内持ち込みへの切り替えも検討を

スカイマークでは荷物の制限はそこまでない | 早め早めの行動を | 機内持ち込みへの切り替えも検討を

預け入れることができる手荷物は、まずは大きさに制限があります。
3辺がそれぞれ50cm×60cm×120cm以内です。
一般的なスーツケースであればほぼ全てがこの範囲に収まるはずですが、特殊なものではこのサイズを超えるものもありますから、注意しておいたほうがよいでしょう。
また、重さに関しては20kgまでは無料となっています。
20kgを超えると、10kgごとに手数料1000円がかかります。
もし20kgを多少オーバーしそうで、機内持ち込みのほうに余裕があるのであれば、機内持ち込みにしてしまうというのは一つの方法です。
また、同行者がいて、例えば2人とも20kgを若干オーバーするという程度であれば、片方が20kg以内に収まるように調整すれば、超過料金は2人で2000円ではなく1000円で済むことになります。
空港に着いてから重さを量るというのはカウンターその場を除いては実際的ではないかもしれませんが、持ち運びのできる簡単なバネ量りのような器具が旅行用品としても発売されていますから、このようなものを利用するのもよいでしょう。
なお、1個あたりの最大重量は32kgまでとされています。
それを超えるものは預かってくれません。
ただし、複数個に分かれているものであれば、合計重量としてはこれを超えても構わず、一人合計で100kgまでは預かってくれます。