スカイマークでの手荷物について

スカイマークでは荷物の制限はそこまでない

スカイマークは大手の航空会社ではなく新興航空会社であるものの、いわゆる格安航空会社ではありませんから、荷物の扱いに関してもさほど大きな制限があるわけではありません。
いちいち手数料がかかったりするようなこともありません。
まず、大きなもので機内に持ち込めず、空港カウンターで預かってもらい、機内の貨物室に積み込んでもらうような必要がある荷物についてです。
そもそも機内に持ち込めるものは、身の回り品と見なされるようなもの以外には、3辺がそれぞれ55cm×40cm×25cm以内で、3辺の和が115cm以内、かつ重さが10kgまでのもの1個だけです。
普通のカバンやお土産袋などはこの範囲に収まることが多いでしょうが、最近はやりのキャリーバッグなどの中にはこのサイズをオーバーしてしまうものもありますから、注意が必要でしょう。
また、身の回り品というのはハンドバッグ、カメラなどを指しています。
多少であれば目をつむってもらえることもあるかもしれませんが、規則は規則ですし、明らかにこれより大きいようなものは、まずは保安検査場で保安検査を受けるときに引っ掛かることになります。
ここで検査を受けるためにX線装置に通すのですが、通すための入り口がこのサイズで作られているために、大きなものは通らないのですぐに分かってしまうのです。

スカイマークでは荷物を預けられる

交通費を抑えられるため、最近はLCCでの旅行・出張機会が増えています。日本初のLCCであるスカイマークも、最近は他社参入でやや割高感が出てきたために使わなくなっていました。
先日久々に使う機会があったので神戸・羽田便に乗ってきました。

多くのLCCでは手荷物預け入れをする場合、重量別に手数料を取られます。
実際預けたものが軽かった場合も返金はありません。
そのため私は最近、機内持ち込み可能な範囲のものだけ空港に持っていき、後は事前配送していました。
その方が安くつくことも多く楽だからです。

今回久々にスカイマーク便の予約を取ったのですが、手続きの途中でとあることに気づきました。
LCC各社でお馴染みの受託手荷物の追加確認画面がありませんでした。
また座席指定もしたのですが、追加料金がかかっていませんでした。

事前によく確認してから予約すればよかったのですがもしかしてミスをしたかな、と思い確認しましたが、最後まで行ってもそのような画面はありませんでした。
もしやと思って公式ホームページトップから確認すると、20kgまで無料であると記載されていました。
また、その範囲内であれば個数制限もないと書かれていました。
そういえば以前使っていた時には特に不思議にも思わず荷物を預けていました。

LCCで20kg預けるために手数料を払うと相当額になってしまいますが、それがかかりません。
また今回は運賃もLCC各社よりも安く予約できたので、結果的にかなり得をすることになりました。
持ち運びはしなければなりませんが、事前配送料はかかりません。
後は空港で重量オーバーになって追加手数料を取られないように気を付けて荷造りをするだけです。

そして搭乗当日になり、久々に荷物を持って空港に行きました。
自動チェックイン機でチェックインを済ませ、次に受託手荷物カウンターに向かいます。
久々に20kgまで預けられるとあって張り切っていろいろ詰め込んでしまったためキャリーケースは結構重くなってしまいました。
そしていざ計測すると20kg丁度でした。
無事追加の手数料を取られずに済みました。
カウンターの対応も非常にてきぱきしていて、スムーズでした。後はいつも通りのフライトを楽しむだけです。

目的地到着後、手荷物受取所へと向かいます。一応LCCなので、到着口が遠く、受取所へも結構歩きました。
受取所に着き、2分くらい待っているともうターンテーブルが動き始めました。
そしてしばらくすると自分のキャリーケースが出てきました。
思っていたより早く、びっくりしましたが慌てずに確認し、ターンテーブルから下ろしました。
飛行機から降りてからここまで10分も経っていませんでした。
傷の有無をチェックし、次の目的地へと向かいました。

その次に乗った時にもスカイマークを利用しました。
その時は小さめのキャリー1つとカバン2つを預かってもらいました。
やはり20kg以内であれば問題なく預かってくれました。
他のLCCだと重量制限の他に個数制限もあるので、追加料金なしでここまでサービスしてくれるのは有難かったです。
1個までなら10kgまで機内持ち込みもできるので、手数料なしでかなりの量を運ぶことができました。

普通運賃だと他LCCより高いことが多いスカイマークですが、各種割引や早期予約をうまく使うとトータルの値段は変わらないか、むしろ安くなることがあるので利用価値は高いです。
仮に空港カウンターで重量オーバーになっても10kgごとに1000円なので他よりは安いです。
また東京便の場合LCCの中でスカイマークだけ羽田便があるので、都心に向かう交通費と時間をかなり抑えられるのも魅力です。

スカイマークでは荷物の制限はそこまでない | 早め早めの行動を | 機内持ち込みへの切り替えも検討を

スカイマークの機内サービス | ゆったり快適!?スカイマークの座席まとめ